水や食料の備蓄が揃ってきたら、1日だけ水なし生活をしてみましょう。

水道が止まったときの暮らしをイメージすることで、備蓄した水や食料の使い方を学べます。
トレイやお風呂をどうするか、1日に使う水の量はどのくらいか、平和なうちに準備しておくことが大切です。

備蓄した水で1日だけ生活してみる

備蓄する水は1人1日3リットル、食料も3日〜4日分が目安となります。。
一通りの備蓄品が揃ってきたら、1日だけでも試しに使ってみることをオススメです。

どれだけ水や災害グッズを備えていても、実際に必要なときに初めて開けると使い道に困るかもしれません。
実生活の中で実践しておくことで、グッズをどう活用すればよいか・1日にどれだけの水を消費するのか、など多くの気づきを得ることができます。

お風呂やトイレなど、水を大量に使う場面ではどのように対処すればいいか、イメージするだけでなく実際に試してみることが重要です。

水道が止まるとどうなるか

今この瞬間に水道が止まったときのイメージをしてみます。
災害は突然やってくるため、

水道が止まる影響としては、以下の様の例が挙げられます。

  • トイレの水が流れない
  • お風呂に入れない
  • 洗濯や食器洗いができない
  • 料理で水が使えない
  • 顔や手を洗うことができない

日常生活の中でどれだけ水に頼っているかが分かるかと思います。
飲み水としては1日3リットルでしたが、実際に生活するためにはより多くの水が必要です。

非常用トイレを使う

トイレの水が流れなくなったときは、非常用トイレを活用しましょう。
水がなくても使える携帯用のトイレで、登山やキャンプのグッズとしても使われています。

箱を組み立てて便器として使えるタイプもありますが、備蓄にはあまり向きません。
自宅用であれば、トイレにかぶせて使える簡易タイプがオススメです。

実際に使うときは、自宅のトイレに袋を被せて用を足し、最後に凝固剤をふりかけて固めます。
袋を取り外せばトイレは元のままなので、断水していても問題なく使えるのが特徴です。

コンパクトに収納できるため、5回分や10回分のセットを1つ用意すると安心できます。

水で作る保存食を食べてみる

災害用の食料では、水を使って作るものも数多く存在します。
備蓄しておいた水と組み合わせて、一度試しに作ってみるのがオススメです。

手順は難しくないものの、予め試しておくことで必要なときに手間取らずに済みます。
また普段の食事とは味も変わってくるため、災害時の訓練としても最適です。

保存用の食事としては、水を入れるだけで食べられるアルファ米などがあります。
味の種類も豊富に揃っているため、一人暮らしであればこれ一つで4日間は持ちます。

1回の食事でどれだけの水を使うのか、1日分で何リットル必要かなど、実際に必要となる水の量を意識しておくことも大切です。

お風呂代わりのウェットティッシュ

水が止まっているとお風呂やシャワーにも入れません。
大量に水を使うためストックしておくわけにも行かず、実際の場面ではいかに水を使わないかが重要です。

災害時のお風呂代わりとしては、水のいらないドライシャンプーなどがあります。
頭だけでなく全身に使えるタイプもあり、一つ用意しておくと安心です。

また、全身に使える大きめのウェットティッシュもおすすめです。
30枚入りで数百円ほど、場所も取らない為コンパクトに保管できます。

数多くの種類が販売されていますが、アルコール消毒用やペット用の商品も出ているあるため間違えないように注意しましょう。

水なし生活のまとめ

1日水なし生活をしてみることで、災害時や断水時の生活イメージが湧きます。
飲み水以外にも様々な場面で水が必要になることが分かりました。

トイレ代わりの非常用トイレ、お風呂代わりのドライシャンプーやウェットティッシュ、
少しの水だけで調理ができる保存食など、水以外にも備えておいた方が安心です。
また、余裕のあるうちに1日だけでも水なし生活を実践して練習しておきましょう。

おすすめの記事