一人暮らしで備蓄をするためには、ローリングストック法の活用がオススメです。
日々使いながら少しずつ買い足す方法で、特に食料の備蓄に向いています。

食料以外では、飲料水や日用品の備蓄にも活用可能です。
一人暮らしにおけるローリングストック法のメリットやデメリットについて解説します。

ローリングストック法とは

ローリングストックでお菓子を備蓄する

 
ローリングストック法とは、日々の生活で使うものを少し多めに用意しておき、使った分だけを買い足していく方法のことです。

  • (1) いつも食べているものを多めに買う
  • (2) 賞味期限が古くなったものから食べる
  • (3) 食べた分だけを新しく買い足す
  • 以降、(2)と(3)を繰り返す

常に少しの在庫を用意しておくことで、備蓄の代わりとする方法です。
毎日決まったものを食べている人(朝食は必ずシリアルなど)であれば、簡単にストックすることができます。

食べ物だけでなく飲み物にも使えます。
お茶のペットボトルをいつも飲んでいる人であれば、1本〜2本多めに用意するだけでOKです。

ローリングストックのメリット

ローリングストックのメリットは大きく3つあります。

自然に備蓄ができる

ローリングストックの一番大きなメリットは、日々の生活の中で自然に備蓄ができることです。
普段の生活で使うものをストックしているため、いざというときに「用意していなかった!」が起きないのもメリットと言えます。

災害時にもいつもと同じものが食べられる

食料品を使ってローリングストックをした場合、災害時にもいつもと同じものが食べられます。
非常食や災害食は普段食べることがないため口に合わないかもしれません。

毎日食べているものを多めに用意しておくことで、いざというときにも食料の心配が不要となります。
ただし、災害時には水が自由に使えない場合もあるため注意が必要です。

賞味期限が切れない

短い頻度で商品を買い直すため、賞味期限が切れることはありません。
また、買っている商品の期限が短くても問題ありません。数ヶ月〜1年の期限でも十分といえます。

ローリングストックのデメリット

デメリットも併せて紹介します。
生鮮食品をよく食べる方や保管場所がない方は、ローリングストックにあまり向いていません。

買い直す頻度が高い

食べる度に買い直しが必要なため、買い物の頻度は上がってしまいます。
備蓄用の食品であれば賞味期限が3年や5年あるため、数年に1回の入れ替えで済むためです。

まとめて買っておきたい・時間がなくて何度も買い物には行けない、という方にはオススメできません。

レトルトやインスタントが増える

ローリングストック法では、災害時にも食べられる物を用意することが重要です。
ガッツリ調理が必要な食材を備蓄しても、いざというときには食べられないかもしれません。

レトルト食品やインスタント食品を普段食べない人にとっては、買い替えのタイミングもなかなか訪れません。
肉や野菜をストックするのは難しいため、自炊されている方はお米やパスタ・飲料水の備蓄から始めてみましょう。

保管場所が必要になる

余分に商品を買っておくため、保管スペースが少なからず必要になってきます。
一人暮らしの狭いスペースでは保管場所をどう確保するかが課題です。

期限が3年〜5年ある備蓄品とは違い、ローリングストックでは毎日取り出しやすい場所に保管することになります。
生活スペースやキッチンの周りで保管場所が確保できない場合、難易度が上がると言えるでしょう。

一人暮らしでローリングストックをするコツ

食べる日を決めておく

ストックした食料品を同じペースで使い続けると楽です。
例えば「金曜日はカレーの日」と決めてしまい、次の土日で新たに買い足す方法もあります。

スーパーの特売曜日に合わせてみたり、自分の生活スタイルに合わせてみたり、工夫しながら続けていくのがコツです。

少しずつ増やしていく

ローリングストックは場所が必要になるため、一気に始めると大変です。
同時に大量購入すると買い替えのタイミングを掴むことも難しくなります。

最初のうちは飲み物だけ、慣れてきたらレトルト食品を1種類追加、といったように少しずつ増やしていくことをオススメします。

賞味期限を厳密に守らない

買った順番に食べていく、古いものから使っていくのがローリングストックの原則です。
ただし、古いものがどれか毎回気にしながら食べるのは手間がかかります。

厳密に買った順番に使う必要はなく、1〜2世代入れ替わってしまっても問題ありません。
賞味期限が数ヶ月あるような食品であれば、気にしすぎないことも重要です。

ローリングストックに適した食料(一人暮らし向け)

一人暮らしであれば、ストックしておく食料もある程度少なくて済みます。
毎日食べられて、数ヶ月以上は賞味期限のある食品をピックアップしました。

  • 湯せんでも食べられるパックご飯
  • パスタなどの麺類
  • カレーなどのレトルト食品
  • 袋麺などのインスタント食品

インスタンスと食品としてはカップ麺もありますが、袋麺の方がよりコンパクトに収納できます。
保管場所があまり広くない場合、カップ麺はオススメしません。

一人暮らしのローリングストック法まとめ

ローリングストック法は、いつも食べているものを少し多めに備蓄しておく方法です。
毎日食べても飽きないものから順に徐々に増やしていきましょう。

インスタント食品やレトルト食品をよく使う方であれば、いつもの品を少し多めに。
自炊されている方であれば、お米やパスタ・飲み物・日用品などから試してみることをオススメします。

おすすめの記事