備蓄した水の賞味期限が近づいた場合、新しい水と入れ替えることとなります。
古い水の使いみちとしては、期限が切れていなければ試し飲みする・調理に使うのがオススメです。

もし期限が切れた場合でも、レトルト製品を茹でるときの水に使ったり、生活用水として活用することができます。
この記事では備蓄した水の使いみちについてまとめました。

備蓄した水の買い替え目安は1年前

賞味期限が3年〜5年ある水を備蓄していた場合、忘れた頃に買い替え時期がやってきます。
大抵の場合は段ボール箱に「20xx年まで」と書かれているため、たまに確認しておくことが重要です。

期限が来たとしても、一人暮らしで10リットル以上の水を一気に消費するのは大変です。
また、一度に大量のペットボトルゴミが出ると邪魔になるため、ある程度時間をかけて使い切りましょう。

余裕を持って入れ替えるには、残りの期限が1年を切ったタイミングで買い替えの計画を建てるのがオススメです。
期限を忘れないためにも、水を買ったタイミングでスマホのカレンダーアプリなどに登録しておきましょう。

賞味期限が切れた水の使い道

飲料水はあくまでも「賞味期限」のため、仮に期限が切れても飲めないということはありません。
ただし風味や品質が劣化している可能性があるので、直接飲む以外の方法がオススメです。

調理の際に使ったり、生活用水として活用するなど、様々な活用方法があります。

なお、ペットボトルに印字されている期限は「未開封の場合」となっているので注意しましょう。
一度でも開けたペットボトルは、長くても1週間以内に使い切ることが重要です。

水の消費方法1: 災害時の予行演習に使う

毎日ミネラルウォーターを飲んでいる場合、一部を備蓄水に置き換えるのがオススメです。
保管した水がどんな味なのか、実際に飲んでおくことで災害時の予行演習にもなります。

また、備蓄している保存食や非常食がある場合、一緒に食べてみることも良い訓練になります。
水で調理するタイプの保存食もありますので、手順の確認も兼ねて一緒に使ってみる方が良いでしょう。

1日でどのくらい水が減るのか、1食を作るために何リットルの水が必要かなど、実際に試してみることで分かることも非常に多くあります。

水の消費方法2: 調理のときに使う

長年保管した水をそのまま飲むことに抵抗がある場合は、調理に使うのがオススメです。
一度火が入ることや、水そのもの以外の味がつくため違和感はなくなります。

一番簡単な方法としては、お茶やコーヒーを淹れる際に備蓄した水を使うことです。
その他、スープや鍋料理を作る際に備蓄水を使うことで、まとめて消費することができます。

注意点として、一度開封したペットボトルは早めに使い切りましょう。
前述したとおり、水の賞味期限はあくまでも「未開封の場合」の期限となっているためです。

水の消費方法3: 生活用水として使う

直接飲んだり、調理したとしてもまだ抵抗がある場合は生活用水として使いましょう。
賞味期限の切れてしまった水は風味が落ちている可能性もあるため、飲食以外の用途がオススメです。

  • 植物への水やりに使う
  • 洗い物や歯磨きの際に使う
  • レトルト食品を茹でるときに使う
  • 掃除をするときに水道水代わりに使う

備蓄した水が活躍する場面は様々です。
12リットルの備蓄水があった場合、一人暮らしであっても1週間で十分消費できます。

備蓄した水の使い道まとめ

備蓄しておいた水の期限が切れそうな場合、前もって少しずつ消費しておきましょう。
飲料水としてそのまま飲むことはもちろん、非常食と合わせて使ってみたり、調理に使うこともオススメです。

仮に賞味期限が切れてしまっても、生活用水として無駄なく活用できます。
せっかく備えておいた水ですので、うまく活用してまた次の備蓄に備えましょう。

おすすめの記事